食育•栄養指導

食育•栄養指導

がん患者の食事悩み

食べたいけど、食べれないというストレスを解放

副作用や後遺症で、食べたいけど食べれない。というストレスを抱えていらっしゃる方が多くいます。
食事と栄養補給は,体力を維持する上でとても大切ですが、がん予防における食生活の情報は多くありますが
病後の食生活のあり方に関する情報は、非常に少ないのが現状です。

栄養指導では、副作用によって生じる食事の問題を症状別に解決すると共に、実際の調理法の工夫やメニューを指導します。

また、食育を通じて予防的な食事の方法やメニュー•お料理教室も行っております。
スケジュールは、お問合せ下さい。

症状別食事の悩み

【食欲不振】食べなければと思うと辛い/全身がだるく、食欲が出ない/何を食べてもおいしく感じられない

【吐き気・おう吐】料理のにおいで吐き気がする/おう吐したことを思い出して、気分が悪くなる/胃がムカムカする/食べようとすると吐き気がする

【味覚の変化】味がしない/何を食べても甘い//すべてがしょっぱい/塩やしょうゆが苦い/薬の味がする/砂をかんでいるよう/金属のような味がする

【臭覚の変化】においも味もわからなくなり、調理が出来ない/ごはんの炊ける匂い•洗剤•生ごみなど、色々な匂いが気になる/煮物や肉・魚料理の匂いで吐き気が起こる

【口内炎•乾燥】食べ物がパサパサして食べにくい/口の中が渇く/口の中がねばつく/のどがつかえて、飲み込めない

【胃の不快感】胃が重い/胃が焼けるように痛む/胃のむかつき/胸やけ/胸のつかえ感

【膨満感(満腹感)】お腹が張って苦しい/すぐにお腹がいっぱいになる/食べ物が下がっていかない/もたれ感

【便秘】便もガスも出ない/下剤を飲まないと便がでない/がんこな便秘が続く/便秘と吐き気で苦しんだ

【下痢】下痢が続いて苦しんだ/食べるとすぐに下痢をする/便秘と下痢をくり返す